本文へスキップ

奨学生選考手順 - 公益財団法人岩山育英会

〒963-8002 福島県郡山市駅前2-10-13

TOP>公益財団法人岩山育英会>選考手順

公益財団法人岩山育英会IWAYAMA SCHOLARSHIP FOUNDATION, INC.

選考の流れ:目次

  1. 応募方法
  2. 選考手順
  3. 採用後の提出書類

応募方法

【重要なお知らせ】

R2.7.1:所得証明書類の扱いを改めました。令和3年度から適用します(→詳細はこちら)。

R2.7.1:令和3年度以降、募集期間を5/1~7/10(当日消印有効)とします。
再検討の結果、後の日程に支障をきたすため、従来通り6/30締切とします(R2.8.6)。

書類不備は選考から除外されるのでご注意ください。当会から極力ご連絡しますが、間に合わず断念されるケースもあります。
【漏れやすい書類の例】 児童手当等(該当者全員分)、所得証明書(昨年分)、今年就職時の給与明細
志願する方は、在学高校の奨学金担当の先生に相談の上、高校経由で必要書類を当会に提出してください。

多くの方を公平かつ厳正に審査するための重要資料なので、正確に記入してください(虚偽申告による受給は全額返還していただきます)。

▼ダウンロードコーナー▼pc

以下から各種書類をダウンロードできます。手書き・直接入力いずれでも結構です。下記に注意の上ご利用ください。

チェック基準を満たす方のみ応募できます。
チェック応募書類は高校経由のみ受け付けます。
チェック規定サイズで出力してください。
チェック不定期に改訂する場合があります (改訂日をご確認ください)。

募集資料応募前にご一読ください。
  1. 奨学規程 (PDF 141KB。H30.3.26改訂)
  2. 志望のしおり (募集要項。PDF 112KB。R2.8.6改訂) ※募集期間を5/1~6/30に戻しました。

応募書類以下の書類を提出してください。1~6は必須です。7は該当者で特別加点を希望する方が提出してください。
  1. 奨学生願書 (当会所定A3書式。Word 87KB。R2.7.1改訂。連帯保証人連署必要。▼記入例はこちら) ※所得関係の表記を改めました。
  2. 推薦調書 (当会所定A3書式。Excel 25KB。R2.2.12改訂。高校長印必要。▼記入例はこちら)
  3. 生活状況報告書(在学生用) (当会所定A3書式。Word 59KB。R2.2.12改訂。本人記載のうえ高校から提出) ※当書式は応募者・在学生用です。給付終了者(3年生)用はこちらです。
  4. 中学校3年生最終学期の成績を証明する書類 (学習の記録証明書や生徒指導要録の写し等。▼A表参照)
  5. 高等学校在学証明書
  6. 生計を一にする者の所得合計を証明する書類 (▼B表参照)
  7. 障害者手帳または各種医療受給者証のコピーもしくは長期療養証明書 (▼補足説明C参照。提出は任意です)

付録書類準備の補助としてご用意しました。これらの提出は不要です。
  1. 所得算定表 ダウンロード (Excel 13KB。R1.5.15公開)。所得計算の補助としてお使いください。
  2. 申請書類チェックリスト ダウンロード (Excel 13KB。R2.7.20公開)。提出漏れを防ぐためにお使いください。

A表】 応募時期により必要な成績証明


条件を統一するため、中学校3年生(3年間ではありません)の成績で審査します。応募時期に関わらず、中学3年生最終学期の成績証明書類を添付し、評定を推薦調書に記載してください。

※高校2年以降に出願する場合は高校入学後の成績も参考にするため、評定を推薦調書に記載してください(平均値算定には含めません)。

※応募時点では高校の成績証明書類を添付していただく必要はありません(採用後の定期報告にて提出してください)。


応募時期 推薦調書に記載する評定 平均値算定に用いる数字 添付書類
高校1年生 中学3年生 中学3年生の評定 中学3年生の成績証明書
高校2年生 中学3年生 高校1年生 中学3年生の評定 中学3年生の成績証明書
高校3年生 中学3年生 高校1年生 高校2年生 中学3年生の評定 中学3年生の成績証明書


B表】 所得を証明する書類


判定年度(出願前年の1~12月)における生計を一にする全員分の所得(収入-必要経費-特別控除)が審査対象となります。以下のうち該当する書類を提出してください。

※本来は今年(応募年)の所得を知りたいのですが、ほとんどの所得は証明手段がないため、前年分資料を援用します。ただし、給付金等は予定額が分かるため、原則に戻って今年の金額を用います。また、今年就職の場合は前年分資料がないため、見込みにより計算します。

※所得証明に関する扱いを令和3年度以降、以下の通り改めます。
種別 必要書類 発行元
給与 判定年度中に勤務 所得証明書 (注1注5参照) 市町村
判定年度中は無所得、応募年に就職 給与支払い見込み証明または直近3ヶ月分の給与明細 (注1注2注5参照) 勤務先
現時点で無職(注3参照) 所得証明書 (注1注5参照) 市町村
上記に加えて、雇用保険受給資格者証 ハローワーク
事業・不動産・雑所得 商工農林水産業、個人経営、不動産所得、利子・配当等 所得証明書 (注1注5参照) 市町村
その他 年金・恩給(遺族年金含む) 年金振込通知書(または年金額改定通知)のコピー(注6参照)(紛失した場合、通帳該当部分のコピー。以下同様) 日本年金機構等
失業給付 雇用保険受給資格者証のコピー (注3参照) ハローワーク
生活保護費 生活保護決定(変更)通知書のコピー 福祉事務所
親戚知人からの援助金や離婚養育費 援助年額証明(様式自由。記載事項:誰が誰に何年分としていくら何の目的で渡したか+日付署名捺印▼記入例はこちらダウンロード)※援助者からいただけない場合は、援助されている生計維持者が書いてください。 支払者
上記が事実であることを証する学校長による副申書(様式自由▼記入例はこちらダウンロード) 学校長
傷病手当金 傷病手当金通知書のコピー 日本年金機構等
各種手当(児童扶養手当、児童手当等) 通知書のコピー(注7参照) (前年と当年で給付額が変更された場合、両方が分かるもの) 県または市町村

【注1】 「生計を一にする」とは
世帯の合計所得を確認するため、学校に通っている方以外で生計を一にする(※)全員の所得証明を提出してください (無職・年金収入の場合も必要です)。

(※) 生計を一にするとは「生活の財源が共通」という意味で、目安は以下の通りです。 
  1. 同居の場合、原則的に生計を一にするとみなされます。 (国税庁 所得税基本通達2-47) 
  2. 別居でも生活費等を送金している場合、生計を一にするとみなされます。 
  3. 同居でも独立した生活を営んでいるとみなされるのは以下の場合です。 (徳島地裁 平9.2.28判決番号平6第7)
    • 家の構造上、自由に行き来できない。
    • 玄関、台所、風呂等が共有されていない。
    • 水道光熱費、電話代等が使用量に応じて実費精算されている。
    • 不動産登記が別々になされている。
    • 不動産登記は分かれていないが、家賃の支払いがある。
    • 住民票、国民健康保険税が世帯主/世帯者の関係ではない。
【注2】 今年から就職した場合
判定年度中は所得がなく、応募年(今年)から就職した場合は、今年分の給与見込みを証明する資料(勤務先が発行した1年分の給与支払見込み証明書または直近3ヶ月分の給与明細)を提出してください。国税庁の給与所得控除計算により当会で所得を算定します。

【注3】 失業した場合
判定年度中(昨年)に失業し、以後無職の場合、再就職の困難さ・家計急変による困窮を考慮し、今年はゼロとみなします (昨年いつ失業したかは無関係となり、失業前所得は不算入)。今年失業し、応募時点で無職であれば、昨年度所得÷今年の在職月数を所得とみなします。

※失業給付は、雇用保険基本手当日額×所定給付日数を所得とみなします。失業給付以外は、年額を推算して所得とみなします。

【注4】端数処理について
千円単位で記入し、千円未満は切り捨ててください。

【注5】 所得証明書について
本件に関するお問合せが多いので、以下の通り補足します。

■提出書類
令和3年度以降、所得証明書必須とします。特段の事情がない限り、源泉徴収票や確定申告書による代用は受け付けませんのでご注意ください。

■書類の名称
市町村によって名称が様々ですが、「昨年1~12月の所得額が記載された書類」であれば受理します。
名称 記載事項 当会受理
所得証明書 所得
課税証明書 所得と住民税課税額
所得課税証明書 所得と住民税課税額
非課税証明書 所得と住民税非課税

■発行時期
必ず前年分を提出してください。所得証明書は市県民税(住民税)が確定してから前年分が発行されるので、申請時期にご注意ください。 早めに申請すると前々年分が発行されますが、応募書類としては不備になります。

※下記は郡山市の例です(令和2年度応募者が令和元年分所得証明書を申請する場合)。

住民税納付方式 発行時期
特別徴収 (給料天引き) 令和2年5月14日以降
普通徴収 (自営業等) 令和2年6月15日以降

その他の市町村こちらを参考にしてください。6月発行の自治体が多いようです。

年度中に修正申告(医療費控除等)されると、所得への反映に時間がかかり、証明書の発行が間に合わないことがあります。その場合は当会までご相談ください。

■所得計算について
「計算を間違わないか心配」「証明書や通知書の見方が分からない」という方がいらっしゃいますが、誤りがあれば当会で訂正し、不足があればご連絡します。計算違いは審査対象ではありませんので、あまり心配なさらずお送りください。

【注6】年金について
厚生/国民年金は所得証明書に記載された控除前の金額を算入します。遺族/障害年金(非課税のため所得証明書に不記載)は支払通知書の金額を算入します。

【注7】給付金について
給付金等は、今年受給予定月数により年額 (当年合計) を算出し、全額を所得とみなします (金額変更があれば、分かる範囲で反映させます)。

[児童手当=0歳から18歳に到達して最初の年度末(3/31)までの間にある者を養育する家庭が対象。児童扶養手当=離婚等による一人親家庭の児童で18歳に到達して最初の年度末(3/31)までの間にある者を養育する家庭が対象。]

補足説明C】 障害者または長期療養者に対する特別加点

  1. 本人または本人と生計を一にする家族に障害者・長期療養者がいる場合は、審査上特別加点します。
  2. 「障害者」とは、身体障害者・精神障害者・知的障害者・公害疾病者・原爆被爆者を指します。
  3. 「長期療養者」とは、出願時点で6か月以上療養中または療養を必要と認められる者を指します。
  4. 適格度判定に大きく影響するため、特別加点は下記証明書を提出された場合に限ります。
優先順位 種別 発行元
1 障害者手帳 (コピー) 官公庁
2 各種医療受給者証 (コピー) 官公庁
3 長期療養証明書
(当会所定A4書式。Word 33KB)
受診医療機関

選考手順

募集 毎年5月に募集開始し、6/30で締め切ります(当日消印有効)。応募書類を高校経由で提出してください。多くの方からご応募いただいておりますので、締切は厳守してください。
なお、応募書類は返却しません。当会の個人情報保護規程に則り適正に処理します。
審査 1) 審査に客観性を持たせるため、当会判定基準に基づき応募者の諸元を数値化します。障害者等は特別加点します。
2) 教育関係者と有識者から成る当会審査委員会が、上記点数を考慮しつつ出願者の人物・健康状態・優秀性・学費支弁困難度等を検討し、適格度順位を決定します。
3) 適格度の高い者から理事長が決定します。採用人数は例年数名です。
通知 採否結果を在学高校経由で通知します。概ね7月下旬までに発送します。


採用後の提出書類

採用された方は、以下の書類を当会まで高校経由で提出してください(原則的には各々必要なタイミングで当会から高校にお送りします)。

 提出書類  提出時期
1) 誓約書 採用後ただちに
2) 振込先金融機関届出書 採用後ただちに
3) 成績証明書 毎年度末 (高校発行)
4-1) 生活状況報告書(在学生用)
(当会所定A3書式。Word 59KB)
高校1・2年の年度末
4-2) 生活状況報告書(給付終了者用)
(当会所定A4書式。Word 36KB)
高校3年の年度末
5) 異動届
(当会所定A4書式。Excel 16KB)
届出内容に変更があった場合

※当会は助成型事業を行う公益法人のため、助成対象者から成果報告を受けることが義務づけられています。上記書類は必ず提出してください。

※従来は奨学生ご本人から当会に直接提出いただきましたが、平成27年以降は高校経由で提出してください。

バナースペース

株式会社岩山幸太郎商店

〒963-8002
福島県郡山市駅前2-10-13

TEL 024-922-1301
FAX 024-923-7484

営業時間=8:00~17:00

定休日=第2第4土曜、日祝日

▲PAGE TOP